友の会とは

全国友の会は1930年(昭和5年)、日本初の女性記者であり、教育者でもあった羽仁もと子を中心に、雑誌『婦人之友』の愛読者によってはじめられました。創立以来「思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ」をモットーとして良い家庭生活を築くために学びあい、良い社会を広めていきたいと願っています。

海外を含め日本全国に187友の会があり、およそ20,000人の会員がいます。各友の会はそれぞれ独立した組織で、会員数に応じて自主的に運営しています。

 

水戸友の会は、1932年(昭和7年3月)に創立され、現在会員は130名ほどいます。

水戸市、笠間市、ひたちなか市、那珂市、東海村、常陸太田市、日立市、高萩市、北茨城市などに20代から90代の会員がいます。

仕事をもつ会員も多く、自分ができる範囲と時間で関わりを続けています。

水戸友の家(東海村)を中心に活動をしていますが、近所の数軒で最寄会も行い、読書を通して人としての生き方や、家事や家計の生活技術を学び合う集まりをしています。

例会、方面会、最寄会

水戸友の会では次のような集まりがあります。


 第1火曜日…例会  場所:水戸友の家  会員全体の集まりです。

 第3火曜日…方面会 場所:ミオス(水戸方面)水戸友の家(東海方面)

              会瀬交流センター(日立方面) 

 第2、第4火曜日…最寄会 場所:最寄ごとに会員宅や近隣の交流センターなど

 

勉強グループ

水戸友の会には自主的なグループがあり、希望者が集まって楽しく学びあっています。講習会もしています。

衣グループ  住グループ  家計グループ  洗濯グループ 工芸グループ  愛土グループ

 

水戸友の家に隣接する  笠松運動公園の黄葉
水戸友の家に隣接する  笠松運動公園の黄葉